プロミス増額

プロミス増額審査方法

プロミス増額審査を行うためには増額申請が必要になります。
この増額申請はプロミスの会員ページから行うことができますので会員ページを見てみましょう。

 

会員サービスにログインするにはパソコン、ケータイ、スマートフォンから行うことになります。
それではプロミスの会員サービスにはどんなものがあるかご説明します。
・振込キャッシング
これは瞬フリという振り込みによるキャッシングになります。
ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座があれば24時間いつでも10秒ほどで振り込みが完了します。
・代行振込
代フリは非常に便利に活用できます。
指定の振込先に自分の名義で振り込みを行うことができるというものです。
オークションの入金や家賃の入金など、入金をしなければならないときにお金がない、そんなときに活用することができます。

 

そのほかにはこんな機能があります。
・ポイントサービス
・インターネット返済
・口座振替
・ご返済日お知らせメール
・取引照会
・利息紹介
・各種設定変更

 

この各種設定変更の中に「限度額変更申し込み」があります。
これが増額の申請になります。
増額を申請するとそこから審査が始まり、審査に通過できると総額融資を受けることができます。
増額が完了し、限度枠が大きくなると借り入れができる状態になるということです。
便利になっている会員サービス。
自分のプロミスでの債務状況を理解するためにもこの会員サービスを開いてみるとよいでしょう。

消費者金融の意味とは?

消費者金融の意味は、お金を借りるところというだけではなくなっているのではないでしょうか。確かに困ったときにカードを使ったり、振込みキャッシングを利用したりしてお金を借り入れることができるのが、消費者金融の大きな特長ではあります。

 

以前までは、サラリーマンの人を対象にした金利が高いけれども、困っているときには利用するしかないところ、という印象でした。なおかつちょっとこわい入りにくいところ、といったイメージが強かったのではないでしょうか。

 

しかし、今は消費者金融にまったく行かなくても申し込み、契約、借り入れ、返済をすることができます。インターネットの利用は、消費者金融の存在意味を大きく変えるほどになっています。

 

気軽に利用できるようになったこと、男性だけでなく女性も使いやすくなったことで、依然とは全く違う人たちが消費者金融の顧客として増えています。さらに、消費者金融もそういった人たちが使いやすくなるような、新たな商品やサービスを生み出しています。

 

貸金業法の改正やグレーゾーン金利の廃止など、消費者金融にとって大変な時期が続いてきました。確かに経営が困難になってしまった消費者金融もありましたが、それを乗り越えたところもたくさんあります。今後も、お金が必要な人にとってはなくてはならない借り入れ先として、消費者金融は存続していくことでしょう。いろいろな目的に応じた、優秀な借り入れ先のひとつの選択肢として考えられていくようになっているのです。

プロミスで完済した後にすることとは?

最近では、パソコンやスマホでインターネット申込がかんたんにできるなど時間・場所を選ばずにキャッシングを利用することが可能になり、キャッシングはより身近でかんたんなものになりました。しかし、借りるのはかんたんですが、返し続けていくのは決して楽ではありません。利息によってふくれあがってしまった借金をやっと完済したあとは肩の荷が下りたとほっと一安心すると思います。しかし、完済した後にもすることが実は残っています。それは完済後の契約書類です。

 

プロミスでは、通常、契約書をもとに融資した金額をすべて完済しましたよ、という内容が記載された書類が届くようになっています。そこで、2つの選択肢から今後の借入について選ばなくてはなりません。一つは完済後も一応契約とカードだけは残しておくこと、そしてもう一つは、完済後はもう借金はこりごりなので契約そのものを破棄してしまう選択肢です。

 

契約を一応残しておくという人は、プロミスから送られてきた契約書とカードを自身でそのまま保管しておくことになります。解約しませんから、いつでも利用したいときにまた自身の限度額内で借入をすることが可能です。一方、契約破棄する人はどうするかというと、プロミスから送られてきた契約書や書類に必要事項を記入して解約を申し立てます。

 

自分から解約しなければ、プロミスとの契約はずっとそのままされている状態になります。そうなりますと、今後住宅ローンの審査を受けるとき、また新たなクレジットカードの審査を受けるときなどには他社借入件数1件としてカウントされることになりますから、解約か、継続か、この判断は今後のことをよく考えて行いましょう。

 

参考「即日融資キャッシング【急ぎでもお金を借りたいときに】